「口内炎知らず」リステリンが口内炎予防に最適すぎる

ビューティー

口内炎に悩まされている方は是非一読してください!

僕は体質上、ほぼ毎日口内炎があります。
少しの疲れやストレスといった内的要因から口の中を噛むといった外的要因など、些細なことでも口内炎へと発展します。
そしてなにより辛いのはその口内炎が大きく成長してしまうことなんです。
直径1cmなんでざらにあります。

色々薬など試しましたが全く効果は感じられず諦めていました。
しかしたまたま試してみたリステリンが凄まじく効果があったため、是非同じ悩みを抱えている方に共有したいと思います。

そもそもリステリンとは?

リステリンとはジョンソン・エンド・ジョンソンが販売しているマウスウォッシュの商品名です。
非常に有名なため大半の方はご存知かと思います。
主に口の3大トラブルと言われている「口臭」「歯垢の沈着」「歯肉炎」を予防するための製品となります。

今まで僕は知らなかったのですが、洗口液(マウスウォッシュ)と液体歯磨きの2種類があるようです。
下図を見ていただけると商品展開が一覧表で確認することができて便利です。

出典:リステリン公式サイト

多くの殺菌成分が含まれているのですが、カタカナだらけで僕にはエタノールぐらいしか分かりませんでした笑
もし興味がある方は公式サイトに成分が記載されているため是非ご覧になってください。

今まで使ってきた口内炎の薬

もちろん僕がリステリンに行き着くまでに使ってきた薬は多々あります。
その中でも代表的なものとなると塗り薬と錠剤です。

口内炎軟膏大正A

まずは塗り薬です。
この製品は患部に塗った時にあまり味がしないためお勧めです。
やっぱり口の中に塗る薬の場合、味を感じてしまうため意外と大事だったりします。

そんな事はないと思いますが、薬を塗布する際に逆に口内炎を傷つけているのではないかと感じてしまいます笑
おそらく僕の塗り方が下手なため、すぐに薬が取れてしまうため使用をやめてしまいました。

効用としては殺菌作用による患部の汚染防止、治りを促すといったものになります。

メリット
・直接患部に塗ることができるため、効果性が高い。
・患部を包み込んだ状態にし、追加の刺激を避けることができる。
デメリット
・ティッシュで患部の水分を拭くのが痛すぎる。
・薬がすぐに取れてしまう。
チョコラBBプラス

錠剤タイプの薬となります。
口内炎に特化した薬というわけではなく、肌あれ、にきび・吹き出物、口内炎のような症状に使えます。

この薬の良い点は飲むだけのため、事前の予防として常に飲んでおくことができることです。
ただビタミン剤を飲んでいるだけのため、効果があるのか分かり辛いのが欠点です。
僕はこれが理由により使用をやめてしまいました。

ただ食品では摂取するのが難しいまたは大量に食べなければ得られないような栄養を一瞬で取ることができるのは、やはりビタミン剤の利点であると感じます。

メリット
・口内炎以外の用途にも使用可(ビタミン剤として)。
・予防にも役立つ。
デメリット
・栄養剤のため効いているのか分かり辛い。

最終的にお勧めするのはリステリン

薬に頼って今までの人生過ごしてきましたが、たまたま気づいたのがこのリステリン。
リステリンは非常に刺激が強いと聞いたことが以前ありました。
そのためもしかしたらその刺激強い=殺菌能力が高い、という小学生のような発想のもの試してみたんです。

そうしたところ1ヶ月口内炎がないことがないこの僕の口の中から口内炎が消え去ったんです。
え、それだけでできなくなる?と思いました。
もちろんその後に口内炎ができました。
しかしリステリンを使っていたおかげか、以前よりも長い期間残っていることがなかったのです。

もちろん個人差はあると思います。
特にリステリンが口内炎に効くと明言しているわけではありません。
ただ僕は少なくともリステリンにより、以前に比べて口内炎とお付き合いする頻度が圧倒的に減りました。

おすすめはクールミントゼロ&トータルケアゼロ プラス

リステリンが一口に口内炎に効くと言っても、多くの種類がありますよね。
僕がお勧めしたいのが2種類あるため、それぞれ紹介します。

マウスウォッシュと液体歯磨きそれぞれ1種ずつです。

クールミントゼロ

手早く済ませたいという方に是非お勧めしたいのがクールミントゼロです。
マウスウォッシュタイプのため、歯磨き後にうがいをするだけと一瞬で終わります。

以前はクールミントを使っていたのですが純粋に刺激が強すぎてやめました。(口内炎のあるなし関係なし)

トータルケアゼロ プラス

個人的にはこちらをよりお勧めしたいです。
なぜなら今僕が使っているのがこちらのトータルケアゼロ プラスだからです。
以前は上述したマウスウォッシュのクールミントゼロを使用していましたが、液体歯磨きであsるこちらの製品に変更しました。

理由としてはより綺麗に口内環境を保てると思ったからです。
僕は現在、通常の歯磨きをした後に、本製品を使用してもう一度歯磨きを行っています。
マウスウォッシュであれば、通常の歯磨き+うがいですが、
液体歯磨きの場合、通常の歯磨き+液体歯磨きのため、2回行っている事になります。

このような理由から僕は現在トータルケアゼロ プラスを使用しています。

まとめ

是非この記事を読んだ事によって僕と同じ悩みを抱えている方が少しでも減れば嬉しいと思います。
もし皆さんにもこの方法で口内炎ができなくなった、というのがありましたら是非教えてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました