タバコとアイルランド(ヨーロッパ)

今回アイルランドの喫煙事情について話したいと思います。

WHOの2016年の調査によりますと日本は
男性が喫煙率33.7%で60位、女性が喫煙率10.6%で58位となっています。

アイルランドは
男性が喫煙率22.4%で96位、女性が喫煙率21.9%で24位となっています。

全体でみると日本とアイルランド五分五分ぐらいですかね。
アイルランドは男性と女性の喫煙率がほぼ同じですね。

次に値段です。
ここが非常に大きく違います。
日本はマルボロ1箱460円です。
アイルランドではこれが1箱10€、11€します。

3倍ほど値段が違います。
そのため現地の方は自分でタバコを巻いて作っています。
(それだと日本より気持ち高いくらいなので)
ぱっと見、薬物巻いているように見えますがタバコですのでご安心を。

ここまでは非喫煙者からしたらあまり関係ないですね。

ここからが意見が分かれるところだと思います。

アイルランドは日本と違い、屋外でしたらどこでタバコを吸っても問題ありません。
その代わり屋内はパブも含め全面禁煙です。

市内中心部などでも歩きたばこしている方をよく見かけます。
この行為日本ではアウトですよね。
アイルランドでは何も問題ありません。

そのため夜のパブの周辺などはタバコの臭いがします。

大学などでも敷地内屋外でしたらどこで吸っても問題ありません。

ちなみにヨーロッパの国は大半がこのような制度を導入しています。
アイルランドは屋内全面禁煙にした最初の国だそうです。

ホストファザーと以前この話をしました。
彼は現在の制度のほうが好きだそうです。
パブでタバコの臭いが付着するのが嫌だったそうです。

僕は正直どっちもどっちかなと思います、、、

皆さんはどっちの制度のほうが好きですか?


主に留学情報、旅行、ファッションについて書いております。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Scroll to top