ブリュッセルは1日あれば充分

ヨーロッパ周遊旅行2日目です。
前回の記事
「世界で最も美しい広場グランプラスは美しかった」

 

行動ルート

早起きから始まる2日目

僕にしては朝8時に目覚ましをかけて起きました。
旅行中は疲れているため、いつも9時以降に起きがちです。

実はこのホステル朝食付きです。
朝食の時間が7時から10時までのため、早めに起きました。
Bruegel Youth Hostelお勧めです。

ブリュッセル王宮

10時過ぎにホステルを出発し、最初に向かったのがこちら。


でーんって感じでしたね。
夏の間だけ一般公開されているようですが、今は冬なので写真を撮って次の目的地へ。

芸術の丘

ブリュッセル王宮からすぐ近くにあるのが芸術の丘


見晴らしが良い場所という口コミをもとに行ってきました。
見晴らしは確かに良いです。

しかし僕はもっと見晴らしが良いと思っていました笑
思い込みはやっぱり駄目ですね。

サン・ミッシェル大聖堂

人の流れに沿って歩くとこの大聖堂。


正直に言います。
パリにあるノートルダム大聖堂にしか見えなかったです。
どっちが先にできたんだろうか。
片方はパクリと言われてもおかしくない。

小便少女

ここまで1時間たっていないです笑
グランプラスを挟んで北に小便小僧、南に小便少女があります。

少し狭い路地に入らなければならないため、わかりずらいですが路地は行き止まりのため、人が多く出入りしているため、この道かなというように推測で分かります。


僕がインターネットで見た際には、柵などはありませんでした。
しかし実際に行ってみると写真のように柵があったため綺麗に写真を撮ることができませんでした。

なにより思うのが汚いですね。
小便小僧は可愛らしいと思います。
しかし小便少女は生々しくて可愛らしいとは思えませんでした。

日中のグランプラス

小便少女を見た後は南に歩き、日中のグランプラスを見に行きました。


綺麗です。
しかしやはり夜のほうが綺麗ですので、パリから日帰りなどの方で時間がないなどでしたら、夜に見に行くことをお勧めします。

服を着ていた小便小僧

さらに南に歩き、2度目の小便小僧。


前日の夜に見に行った時は、服を着ておらず裸でしたが、日中は服を着ていました。
夜のほうが小便小僧は寒いのに、、

小便の像を作るのが好きなのか?

僕が事前に調べていた観光スポットはこれですべてでした。
そして僕恒例の服屋、古着屋巡りをしようと歩いていたら見つけました。


日本語名がないようなので、名づけるとしたらシンプルに小便犬でしょう。
小便をしている像を作るのが好きなんですかねベルギーの方は。

そして服屋、古着屋巡りへ

僕はかなり観光するペースが速いと思います。
10時から観光し始め、14時にはすることがなくなっていました。

もし僕のように時間が余る方いらっしゃいましたら、ショッピングするのもいかがでしょうか。
別の記事で載せていますので、併せてどうぞ。
僕がお勧めする服屋、古着屋 in ブリュッセル

まとめ

次はパリに移動です。
「2年ぶり2度目のパリ」


主に留学情報、旅行、ファッションについて書いております。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Scroll to top