2年ぶり2度目のパリ

ヨーロッパ周遊旅行3日目です。
前回の記事
「ブリュッセルは1日あれば充分」

行動ルート

1日の始まりは朝食から

朝食付きでと朝食を食べるために早く起きるから凄く効率的だと思います。

この日は10時にチェックアウトしなければならなかったので余裕をもって8時に起きました。
パパっと朝食を食べ、荷物を整理し、一休みしてからチェックアウトしました。

ブリュッセルからパリへ

ブリュッセルからパリへは主に電車かバスの利用になると思います。

「Thalys」という電車を使えば1時間半かからずに着くことができます。
バスですとヨーロッパで有名な「Flixbus」を使うことになります。

値段ですが「Thalys」がおよそ75~100€、「Flixbus」がおよそ30~45€となっています。

バスは4時間から4時間半かかりますが値段は電車に比べ半分以下です。

時間が限られている方は電車を使ったほうが良いですが、僕のようにお金を節約したい方はバスが非常に安いのでバスをお勧めします。

バス停はブリュッセル北駅の西口から出て、右に曲がればあります。
最低でも1台はバスが止まっていると思いますのですぐに分かります。

バスに揺られ4時間

11時発のバスに乗り、ブリュッセルを出ました。

「Flixbus」にはWi-Fiが備わっていますが150MBまでの制限付きです。
すぐに上限までいってしまうので、何かしらの暇対策をしていくといいと思います。

少し渋滞していたため、予定到着時間の15時を少し過ぎ、15時15分頃に到着しました。

ここがバス停です。
パリ着、パリ発の「Flixbus」はすべてこちらのバス停を使います。
非常に分かりづらいため、パリ発のバスに乗る際は、時間に余裕をもって行ってください。

ホステルヘ

今回宿泊したのはAuberge Jules Ferry です。
マレ地区にも近く非常に便利なホステルでした。

最寄りのRépublique駅は非常に大きい駅でいくつものメトロのラインが通っています。

少し古いですが、宿泊する分には特に問題はなかったです。

ホステル周辺探索

ホステルに着いたのが16時過ぎで少し暗くなりかけていました。

観光する気にあまりならず、時間がある旅行では必ずしている宿泊地周辺の探索をしました。

これが意外と楽しいです。
地元の人達の生活を見ることができ、飽きないです。

早めの就寝

この日はあまり動いていませんが、夕飯を食べ、19時頃にはホステルへ帰宅。
次の日に行きたい場所、ルートを考え、少しブログを書いて就寝しました。

まとめ

パリ2日目
「2年前にパリで起きた恐怖の経験を克服」


主に留学情報、旅行、ファッションについて書いております。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Scroll to top