2年前にパリで起きた恐怖の経験を克服

ヨーロッパ周遊旅行4日目です。
前回の記事
「2年ぶり2度目のパリ」

行動ルート

10時半から行動開始

今回のホステルも朝食付きです。
本当に朝食がついているのはありがたいですよね。

朝食を食べて朝10時半にホステルを出ました。

貧乏旅には徒歩が一番

極力お金を節約したいため、この日はメトロを一切使いませんでした。
パリのメトロ普通に高いですよね。
パリ内の移動だけで一律1.9€ですよ。

メトロに乗っていたらお金がすぐに無くなっていきます。
徒歩は節約にもなるし、運動にもなるし良いこと尽くしですね。

サクレクール寺院

ホステルから1時間ほど歩いてかかりました。

この地域はあまり治安が良くないといわれているので警戒心マックスです。
以前ここで怖い目にあった記事を載せましたね。
「パリで怖い目にあった話」

前回の教訓を生かし、今回は対策しました。
腕を掴稀ないように常にポケットに手を入れていました。
大丈夫そうな場所でサクッと写真を撮り、すぐにポケットに手を入れるを繰り返していました。


やはり綺麗ですね。

あいにく天気が良くなく、少し霧がかかっていたため、サクレクール寺院から見るパリの景色はいまいちでした。

ジュテームの壁

サクレクール寺院の後はすぐ近くにある壁を見に行きました。


世界中の言語で「I love you」と書いてあります。

日本語もいくつか見つけました。
若干間違っていたりもしますが、誰が書いたのか不思議です。

ただ一つ言えることがあります。
男一人で観に来るような場所ではないです。

オペラガルニエ、ギャラリーラファイエットへ

サクレクール地区を後にし、次に向かったのはパリの中心に近いオペラガルニエ、ギャラリーラファイエットです。

オペラガルニエに関してはオペラを見るわけではないので写真を撮るだけです。
オペラはウクライナの首都キエフで見て満足しました。
記事

ギャラリーラファイエットでプラプラしていたら可愛いマグネットを見つけました。
星の王子さまのマグネットです。

星の王子さまはフランス生まれでしたね。
僕は訪れた国のマグネットを集めているので3.9€と少し高かったですが購入しました。

ルーブル美術館

サクレクールから南下し、オペラガルニエ、ギャラリーラファイエットに行きました。
次はさらに南下し、ルーブル美術館に行きました。

ちなみに2年前に来た際に既に入っているので今回は中には入っていません。
2年前に撮ったモナ・リザとミロのヴィーナスはこちらです。

開園と同時に行ったため、モナ・リザはあまり混んでいなかったです。
しかしみろのヴぃーなすを見つけるのに時間がかかってしまい、見つけた時には人だかりがすごく、綺麗に撮れなかったです。

バスティーユ広場

ルーブル美術館からバスティーユ広場に向かう間にマレ地区も少し通りましたが、次の日に行く予定がありましたので軽く見ただけでほぼ素通りしました。

バスティーユ広場の写真は撮り忘れてしまいました。

歩きすぎて足の間隔がなくなる

さすがに歩きすぎました。
足の裏の感覚がなくなり、歩いているのかよくわからないような感覚になっていました。

バスティーユ広場の写真を撮り忘れたのも、早く帰りたくて仕方なかったからです笑
19時頃にホステルに戻り、僕の1日が終わりました。

まとめ

次の日からは非常に大きな変化が!!
「男二人のヨーロッパ周遊旅行スタート」


主に留学情報、旅行、ファッションについて書いております。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Scroll to top