おしゃれなSHIROのルームフレグランス「ホワイトティー」をレビュー

ビューティー

先日初めてルームフレグランスを購入しました。
今のご時世家にいることも多く、少しでも家での生活に楽しみを持たせたいと思ったからです。

ファブリーズをメインで使っていた僕からすれば、ルームフレグランスは未知の領域でした。
そのため色々なブランドの物を見ていましたが、価格とデザイン/香りが釣り合っているものが中々見つかっていませんでした。

しかし今回価格・デザイン・香りが揃ったルームフレグランスを見つけたため紹介/レビューします。

SHIROとは

1989年に北海道砂川市にてスキンケア商品を主に扱うブランドとして立ち上がりました。
現在のブランド名は「SHIRO」となっていますが、以前は「ローレル」という名称でした。
2015年に現在のブランド名に変更しています。

フレグランスを取り扱うようになったのは2009年となっています。
メイクアップ製品も取り扱っていることで現在人気ですが、取り扱いを始めたのは2017年と実は最近なんです。

白を基調としたシンプルなパッケージとなっているため、インテリアとしても邪魔をすることないデザインとなっています。
そのため男女問わず使用できる人気のブランドとなりました。

SHIRO ルームフレグランス ホワイトティー

今回紹介する僕が購入した製品です。

<価格> 4,200円+税
<香りの持続時間> 約2ヶ月半
<香調(ノート)>
TOP:グレープフルーツ、レモン、グリーン
MIDDLE:グリーンティー、ジャスミン、ローズ、リリー
LAST:ムスク、ウッディ、アンバー
<成分> エタノール、香料、溶剤
<内容量> 200ml
<スティック> 11本

参照:SHIROオフィシャルサイト

トップノート(ヘッドノート):最初に感じる香り。すぐに感じられなくなるのが特徴。
ミドルノート(ハートノート):トップノートの後に感じる香り、香り時間は長め。
ラストノート(ベースノート):時間が経ってから感じる香り。トップノートは完全に揮発している。

SHIRO ルームフレグランス ホワイトティーの実際の使用感

柑橘系の爽やかな香りを感じることができます。
個人的に僕は嗅覚が(おそらく)強くないと思うので、正直な話トップノート云々の香りの違いは分かりません。
徐々に変わっていく香りを覚えていられるほど、良くできている鼻ではないんです笑

ただ僕が思うこのフレグランスの香りはトップノートであるグレープフルーツ、レモン、グリーンであると感じます。

ちなみにスティックは全部で11本入っていますが、店員さんに全て一度に入れてしまうと香りが強く感じる人がいるとの事でした。
そのためお勧めは半分(5〜6本)スティックをまず入れてみて判断する事、と教わりました。
実際にその通りに使用していますが、5本で十分良い香りがします。

まとめ

コロナウイルスの影響により、家で過ごす時間が多くなっていますよね?
この機会に僕は部屋での楽しみを増やしたいと思い、ルームフレグランスを購入しました。

実際に使用してみて、生活には香りが意外と重要なんだなと感じました。
良い香りの中にいる事により自分自身の気持ちがリフレッシュされ作業に集中することができます。
是非皆さんにもこの機会にSHIROのルームフレグランスはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました