元在住者がお勧めする服屋/古着屋 in ダブリン

アイルランド

こんにちは!

今回アイルランドの首都ダブリンでお勧めの服屋/古着屋を紹介したいと思います。

正直アイリッシュはあまりお洒落ではありません。
全てお酒に費やしています。(現地人談)

そのためお洒落なお店がたくさんあるわけではないですが、1年滞在してよく行くお店がありますので、そちらを紹介します。
探せば意外とお店はあるのです。

マップ


赤色が新品の服を取り扱っているお店。
青色が古着屋さんです。

セレクトショップ

Indigo & Cloth

大本命「Indigo & Cloth」というお店です。
いわゆるセレクトショップと言われるお店はここが唯一にして最高でしょう。

日本には進出していないブランドばかりで購入意欲が非常に湧きます。
1階がカフェになっているのでゆっくりすることもできます。

服はメンズのみとなっております。

公式サイトにてオンライン販売も行っています。

Brown Thomas

果たしてセレクトショップと呼んで良いのでしょうか笑
ただ敢えて呼ばせてください、そうでなければセレクトショップはダブリンに1店舗しか存在しないことになってしまいます。

日本でいう百貨店です。
1~3階がレディース売り場、地下1階がメンズ売り場となっています。
店内非常に広く様々なブランドを取り扱っています。

イギリスブランドのBarbourやChurch’sをはじめとした各国の皆さんも聞いた事がある様なブランドは大半取り扱いがあります。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Brown Thomas(@officialbrownthomas)がシェアした投稿

古着屋

Dublin Vintage Factory

ダブリンにある古着屋で一番有名な店といえばおそらくですが、こちらのお店かなと思います。
以前はリフィー川を境界線としたら北側にありましたが、南側に移転しました。
元々はJameson蒸留所のすぐ近くでした。
見た目が派手になりましたが実はここ以前は「Lucy’s Lounge」という名前の古着屋さんだったため、今も外装には名前が残っています。(外装は当時からほぼ変わっていません)

外側から見ると狭そうなお店に見えますが、店内は結構広いです。
1kg=20€という設定であり、どの服でも重さによって価格が決まります。

公式サイトにてオンライン販売も行っています。
この場合、重さで販売しておらず、1点毎に価格が設定されています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Dublin Vintage Factory(@dublinvintagefactory)がシェアした投稿

Dublin Vintage Factory 2

上記で挙げたDublin Vintage Factoryの2号店です。
こちらの店舗の方が店内が明るく商品が見やすいです。

特に外国の古着屋はシミなどがある商品が多いため、明るい場所でできれば商品状態をチェックしたいですよね。

同様に1kg=20€という設定で、どの服でも重さによって価格が決まります。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Dublin Vintage Factory 2(@dublinvintagefactory2)がシェアした投稿

The Harlequin

ハーレクインという名前を聞くとスーサイド・スクワッドなどに出てくるハーレクインを思い出してしまうのは僕だけではないはず笑

このお店は天気が良い日はいつも外にジャケットをたくさん置いています。
カッコ良いのですが、大体サイズが大きいのが難点です。

店の外にジャケットが置いていない場合、ぱっと見レディースのみの取り扱いに見えるかもしれません。
しかしメンズは地下にあるので一瞬入って立ち去らない様にして下さい。

 

この投稿をInstagramで見る

 

The Harlequin(@theharlequinvintage)がシェアした投稿

Siopaella

ブランド品の古着屋さんです。
こちらのお店はレディースのみ取り扱っています。

ルイヴィトンを始めとしたハイブランドを非常に多く取り揃えています。
服もありますが、バッグの取扱量が圧倒的です。

2店舗あります。

公式サイトでオンライン購入も可能です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Siopaella Designer Resale(@siopaella)がシェアした投稿

Nine Crows Vintage

こちらのお店も何店舗もあります。
北側にあるThrift shopと名付けられているお店は全商品30€以下で購入可能です。
反対の南側にあるThrift Shopは全商品15€以下で購入可能です。

この古着屋さんはTOPSHOPと提携しているため、TOPSHOP内でも取り扱っています。
オリジナルブランド「White Noise」も販売しており、公式サイトでのオンライン販売、店舗販売、TOPSHOPでも購入可能です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Nine Crows Temple Bar(@ninecrowstemplebar)がシェアした投稿

番外編

COS

 

この投稿をInstagramで見る

 

COS(@cosstores)がシェアした投稿


H&Mの姉妹ブランドです。
日本には現在3店舗あります。(青山・横浜・銀座)

何といってもここの店員さんが非常にお洒落です。

1週間に1回のペースで行っていますが、店内のレイアウトが毎回違うので飽きないです。
ちなみにイギリスには同じくH&Mの姉妹ブランド、しかし日本には進出していない「ARKET」というブランドのお店があります。

ARKET いつ日本で出店するの〜?
皆さんARKETというブランド聞いたことがありますか?ご存知の方、ご存知でない方いらっしゃると思います。実は僕が日本で出店して欲しいと思っているブランドの一つなのです。 ARKETとは ARKETと書いてアーケットと読みます。"Sh...
cleo

アイルランド産のセーターを取り扱っているお店です。
メンズ、レディースはもちろん、子供服も取り扱っております。

公式サイトにてオンライン購入可能です。

質が良いこともあり、値は割と張りますが気になる方はチェックしてみて下さい。

店内セーターで埋め尽くされていて、見ているだけで楽しいです。

アイルランド発の「アランセーター」も取り扱っております。

こういった網目のセーターを「アランセーター」もしくは「アラン編み」と言います。

まとめ

最初に述べた通り、アイリッシュはお洒落ではないです。
そのため服屋/古着屋はそれほど多くありません。

ダブリン内で服を完結させるので問題ない方であれば、上記が参考になるはずです。
ただそうでない方はロンドンに行きましょう!
片道1時間、早朝便&深夜便であれば日帰りで行く事ができ、航空券価格も往復4,000円ほどから行けます。
ロンドンでのお店は下記記事を参考にして下さい。

現地在住者が本当にお勧めする古着屋 in ロンドン
古着屋が乱立する街ロンドン。その中でも現地在住者の僕が厳選した7店舗を紹介します。僕が作成したマップには7店舗以上載せています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました