僕がお勧めする古着屋 in パリ

こんにちは!

今回はファッションで有名な街パリの古着屋を紹介したいと思います。

マップ

MAD VINTAGE

ポンピドゥーセンターの目の前にあります。

店内割と大きめですが、僕が訪れた際は一人しか店員さんはいませんでした。
レディース服、メンズ服の割合が同じくらいでした。

Kiliwatch Paris

 

Men’s vintage departement #kiliwatchparis

Kiliwatch Parisさん(@kiliwatch.paris)がシェアした投稿 –

ここは非常に大きいです。
入り口を通ると最初は新品の服が置いてあります。
新品の服が置いてある売り場を通り抜けると古着屋が置いてあるエリアになります。

FREE’P’STAR

 

onde está @loumartins? 🌙🍯

Thiago Françaさん(@thiagosax)がシェアした投稿 –

2店舗あります。
そこまでお互いの店舗が遠くないので行き来しやすいです。

マレ地区周辺に位置しているため、古着屋だけでなく、他のセレクトショップなども同時に見ることができます。

Tilt Vintage Paris

こちらも同じく2店舗あります。

パリ4区と6区にあるため、双方のお店同士は近くありません。
4区にある店舗の近くには先ほど紹介したFREE’P’STARがあります。

Thanx God I’m a Vip

 

Find your perfect colour. 🌈 #thanxgodimavip #tgvwomen #vintagefashion #vintageshop #coulours

THANX GOD I’M A VIP Parisさん(@thanxgodimavip)がシェアした投稿 –

入った瞬間古着屋ではない店のようでした。
服はすべて色ごとに分けられているため、欲しい服の色が決まっている場合、非常に探しやすいです。

状態は非常によく、新品のようです。
ブランド物も多く取り扱っています。

他の古着屋と比べると少し価格帯は上になります。

Bleach Vintage Store


大通りの角にあり、服も外に出しているため、分かりやすいと思います。
店内だけでなく、店の外にも良いものを置いておりますのでぜひ見てください。
 

Sound & Image Vintage Clothing

デニムの数がすごいです。
店員さんがサイズを聞いてくるので、答えるといくつか出してくれます。

非常に量が多いので尋ねればさらに出してくれると思います。

Kilo Shop

重量で料金が決まるお店です。
しかし服にもランクがありますので、一律料金ではありません。

デニムなどの重い服は高くつきますが、Tシャツなどの軽い服は大量に購入しても重量はさほどいかないためお勧めです。

まとめ

パリはどちらかというとルイヴィトンディオールなどのハイブランドに目が行きがちですが、古着屋も多くあります。
中心部に全て位置しているので、気軽に立ち寄ることができます。

新品の服だけではなく、パリで古着を探すのはいかがでしょうか。


主に留学情報、旅行、ファッションについて書いております。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Scroll to top