実際に感じたウクライナ・キエフの治安

こんにちは。

皆さんウクライナのイメージは何ですか?
僕の旅行に行く前のイメージとしては「謎」
これだけでした。

ロシアに近いから何となく怖そう、、
などと小学生が考えるぐらいの発想しかありませんでした。

今回ウクライナの首都キエフに旅行して治安について感じたことを共有したいと思います。

危険情報

現在、外務省の海外安全ホームページでは地域によりますが危険レベル1と危険レベル3が表示されています。
しかしすべての地域が危険レベル1以上あります。


ちなみに西ヨーロッパの国々はレベル0で色がなく真っ白です。

ウクライナ内戦

多くの方がニュースなどで耳にしたことがあると思います。
政府反対派と政府の対立です。
数年前はキエフの独立広場も観光客が訪れるような場所ではありませんでした。

現在はロシアとクリミア半島を巡る対立のためクリミア半島は危険度レベル3、ウクライナの東のロシアと接している地域の一部が同じく危険度レベル3です。

実際のところどうなの?

皆さんが一番気になるところですね。

僕の体験談ですが、
治安は悪いとは一切思いませんでした。

しかし僕が滞在していた前後に
ウクライナで爆発、議員ら3人死傷
反ロシア「義勇軍」夫婦、ウクライナで銃撃受け妻が死亡

このような事件があったのは事実です。

しかしどちらも一般人を狙った犯行ではありません。
普通に観光している分には僕は問題ないと思います。

注意点

  1. 空港を出た際に「Taxi! Taxi!」と言ってくる人のタクシーにはなるべく乗らないようにしてください。
    僕は2,000円ぐらいと言われました。
    しかしほんとにその値段市内まで運んでくれるか分かりません。

    Uberなどを使えば1,000円ほどで市内中心部までいけます。
    バスでしたら400円ぐらいです。
    この二つは事前に金額が決まっているのでぼったくられることもありません。

  2. 夜遅くはあまり歩かないようにしてください。
    基本中の基本ですね。

    これにはもう一つ理由がります。
    なぜかは分かりませんが、キエフにいる男性はフードや帽子をかぶっている人が多いです。
    彫りが深いため夜になると目が陰になってよく見えません。
    つまり私たちの荷物を見ていたとしても気づかないのです。

  3. ウクライナ語をいくつか覚えておくといいです。
    ウクライナの方は全くと言っていいほど英語が話せません。

    旅行前にいくつかの単語を覚えておくことで、危険な目にあった時にも助けを呼べますし、相手も少し警戒するでしょう。

まとめ

ウクライナ・キエフは警戒しつつ、普通に観光していれば何も危険な目にあうことはないです。
渡航前、渡航中に外務省などのサイトで状況をチェックしているだけで楽しく、安全な観光をすることができるでしょう。


主に留学情報、旅行、ファッションについて書いております。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Scroll to top