コスパ抜群と話題「RAYMAR」の革靴「Lucas」をレビュー!

ファッション

日本の革靴ブランドと言ったら、何を思い浮かべますか。
おそらく一番最初に思い浮かぶのはREGAL、次にSCOTCH GRAINや三陽山長かと思います。

今回紹介するのはSNSなどで低価格でありながらも高品質な革靴と話題の「RAYMAR」というブランドです。

「RAYMAR」

静岡県焼津市を拠点とする有限会社サンレイが手掛けている革靴ブランドです。
コンセプトとして以下を掲げています。

「良い靴とは何か」「良い靴を持つ喜び」「靴を作る楽しさ」

公式サイト

アシーレ

インターネットショッピングをする際のサイズやフィット感の不安を取り除くために制作されたのがこの「アシーレ」。

特許も取得されています。

公式サイトより発送希望に際して必要な情報は載っています。
メール依頼から僕の場合は3日以内に自宅に届きました。

フィット感は凄まじく、実際にアシーレを元に決めた靴サイズも完璧でした。

Lucas

僕が今回購入したモデルはLucasという名前のもの。

ちなみにお値段25,900円です。

似たシルエットの例えばChurch’sのDIPLOMATですと93,000円します。

製品として

僕が購入したLucasはハンドソーンウェルテッド製法によって製作されています。

英国靴で有名なグッドイヤーウェルテッド製法と呼ばれるミシンを使用して大量生産可能になる前に普及していたのがこのハンドソーンウェルテッド製法であり、製法はほぼ同様ですが、手縫いとなります。

グッドイヤーウェルテッド製法と比較した利点として挙げられるのは、

  1. 返りが良い
  2. 耐久性が良い
  3. フィッティングしやすく、足当たりがソフト

とされています。
こちらのサイトにて両製法の比較が詳しく記載されているため、参考にしてみて下さい。

甲の革はAnnonay(アノネイ)社製の牛革を使用しています。
このタンナーさんは牛革専門のフランスの老舗です。
フランスのタンナーと言えばのDu Puy(デュプイ)社より独立して設立された経緯はありますが、品質は同等と言われています。

メリット/デメリット

低価格
本格的な革靴が2万円台で購入できるのは非常に低価格だと思います。
Annonay(アノネイ)社製皮革使用
信頼のある名門タンナーの皮革を使用しているため安心。
ハンドソーンウェルテッド製法
この価格帯で手縫いの革靴は普通手に入らない。
爪先のレザーソールが剥がれやすい

1日履いただけですが、かなり爪先のソールは削れました。
僕の歩き方が悪いというのもあると思いますが、、、

そのためビンテージスチールの様な補強を最初にしておくのが良いかもしれません。

まとめ

総じて圧倒的に「買い!」の製品かと思います。
注意点としてはすぐに売り切れてしまうことです。

在庫数が少ないのか、非常に人気なのかすぐに売り切れになってしまいます。
そのため早めの決断が必要になります。

こちらのサイトにてオンライン販売を行っているため、是非覗いて下さい。

革靴ケアセット決定版、これさえ使えば問題なし。
革靴のお手入れに使用するシューケアグッズをまとめました。これらのグッズで靴磨きすれば長持ちすること間違いなし。主にM.MOWBRAY(エム・モゥブレィ)の製品であり、同じブランドで揃えたい、どのブランドにすれば良いか分からない方に最適です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました